チャットでセッションを活性化します。

ほとんどの学生は、テキストベースの通信に慣れています。音声や動画で話すのをためらう参加者もいるかも知れません。

[Collaborate]パネルを開き、[チャットを開く]を選択して、チャットを開始します。

Collaborateパネルの場所が不明ですか?「自分の設定を見つける」にジャンプします。


セッションでチャットを許可する

最初にセッションに加わった時点ではチャットはオンになっていないことがあります。場合によっては、チャットをオンにする必要があります。


チャット

新しいチャットコメントはどうすればわかりますか?

Collaborateは、画面に表示される通知で、セッションで起きていることを知らせるようになっています。こうした通知により、新しいチャットコメントがあることがわかります。

通知は画面に数秒間表示されるだけです。新しいチャットメッセージがあるか、メッセージは複数あるのか、コメントされたチャットチャネルはどれか、などが通知されます。

チャットパネルを開いた状態にしておくと、新しいコメントの知らせが表示されます。

また、誰かがチャットに入力するのを見ることもできます。[チャット]パネルを開いて、 誰かが質問しようとしたり、コメントを入力したりしていないか確認します。


チャット絵文字

CollaborateのUltraユーザエクスペリエンスの絵文字パックでは、多種類の絵文字およびUnicode-8文字が使用できるようになりました。

絵文字上の5つのスキントーンのうち1つを使用してください。入力時にアンダースコア、トーン、サポートされているトーン番号 (1から5) を絵文字に追加します。絵文字テキストの先頭と最後にコロンの入力を忘れずに。

例 : :wave_tone5:


チャット履歴

Collaborateのチャット履歴には、同時に50件までのメッセージしか表示されません。メッセージをスクロールするか、キーボードで操作を行う場合は、チャットパネルの上部にある非表示のキーボードコントロールを使用します。

チャット履歴キーボードコントロール

Collaborateでのチャット履歴キーボードコントロール

チャットパネルの上部にあるキーボードコントロールを使用してメッセージ間を移動します。キーボードコントロールはメッセージがチャットに投稿されると利用できるようになります。またキーボード操作でのみ利用できます。

  1. チャットパネルのテキスト入力フィールドから[Shift+Tab]キーを押すと、キーボードコントロールが開きます。またはパネル上部の[チャット先]メニューから開くこともできます。  
  2. デフォルトでは、[次のチャットメッセージ]コントロールがフォーカスされています。  [Shift + Tab]キーを押して、[前のチャットメッセージ]および[最初のチャットメッセージ]コントロールを探します。    [Tab]キーを押して、[最後のチャットメッセージ]コントロールを探します。  Collaborateのチャット履歴には、同時に50件までのメッセージしか表示されません。
  3. [Space]バーを押してコントロールをアクティブ化して、メッセージを聞きます。
  4. [Tab]キーを押すと、コントロールを移動し、チャットテキスト入力フィールドに戻ります。

記録のチャットメッセージ

セッションが記録中の場合、[全員]チャネルのチャットメッセージも記録されます。プライベートメッセージおよびブレークアウトグループのチャットメッセージは記録されません。

記録のチャットメッセージの詳細


プライベートチャット

セッションの他のユーザと個人的なチャットができます。

現時点のプライベートチャットは、学生のBlackboardアプリでは機能しません。

デフォルトでは、 [チャット]を最初に開くと、[全員]のチャットが表示されます。[全員]の見出しで[前のパネル]を選択します。次に、チャットしたい相手の名前を入力してチャットを開始します。

プライベートチャットでの発言には注意してください。モデレータは不適切な発言やいじめを管理するために参加者同士のプライベートチャットを監視する場合があります。モデレータが監視しているときは警告が表示されます。

モデレータは参加者が個人的にチャットする相手を制限できます。モデレータは、参加者のチャットの相手をモデレータのみに限定できます。

また、モデレータは、すでに自分のプライベートチャットを監視用に作成しています。参加者にはモデレータのチャットチャンネルは表示されません。

モデレータがプライベートチャットを監視したい場合は、セッションの開始前にオプションを選択する必要があります。セッションの前やセッション中にできる設定の詳細については「セッションの設定」を参照してください。

セッションの記録に含まれるのは全員チャットのみです。


プライベートチャット設定

モデレータは参加者がチャットできる相手を制限できます。モデレータはすべてのプライベートチャットを監視できます。

プライベートチャットを監視したい、もしくは参加者にモデレータのみとのチャットを許可する場合は、セッション開始前に[セッションの設定]で各オプションを選択します。

  • 参加者はモデレータのみとチャットできる :初期設定で、プライベートチャットは利用可能になっています。選択すると、参加者はモデレータのみと個人的にチャットができます。選択しなければ、参加者はセッション内の誰とでも個人的にチャットできます。

  • モデレータはすべてのプライベートチャットを監視する :選択すると、モデレータには、プライベートチャットチャンネルでの発言がすべて表示されます。チャットが監視されていることをユーザに知らせる警告が、プライベートチャットチャンネルの上部に表示されます。選択しなければ、モデレータはプライベートチャットチャンネルを見ることができません。

チャットの監視


チャットの監視

音声や動画で話すのをためらうチャットの参加者もいるかも知れません。

チャットを監視して、誰かが質問しようとしたり、コメントを入力したりしていないか見守ります。[Collaborate]パネルを開き、[チャットを開く]を選択します。

すべてのプライベートチャットを監視することもできます。

プライベートチャットを監視したい、もしくは参加者にモデレータのみとのチャットを許可する場合は、セッションの開始前に[セッションの設定]で各オプションを選択する必要があります。