クラスで学生とライブでつながることができます。

Collaborateスケジューラ

Blackboard Collaborateに初めてアクセスすると、Ultraユーザエクスペリエンスでのセッションスケジュール設定と記録表示の直観的なデザインを目にすることになります。当社ではこれをCollaborateスケジューラと呼んでいます。

Collaborateスケジューラは、Blackboard LearnコースおよびLTI準拠のLMSコースで利用できます。あるいは、URLリンクから直接利用することもできます。Blackboard Open LMS Collaborateアクティビティモジュールでは利用できません。

セッションの日付を設定し、開始および終了時刻を指定して、該当セッションの見つけ方を学生に伝えます。

スケジューラには、以下のものがあります。

  • コースルーム :ページの最初に表示されるのがコースルームです。コースルームは、自分のコース専用のオープンなセッションです。

    コース内からCollaborateに移動した場合にのみ利用できます。

  • セッションの作成 :セッションを新規に作成します。作成するセッションは、コースルームの後に、[セッションの作成]ボタンをクリックすると表示されます。 
  • セッションのオプション :[セッションのオプション]メニューを開き、セッションに参加、セッションを編集または削除します。ゲストリンクをコピーし、このセッションのレポートを表示することもできます。
  • メニュー :メニューを開き、セッションのリストとセッションの記録のリストを切り替えます。

セッションへの参加 (モデレータ向け)


セッションに参加する

Blackboard Collaborate Ultraでは、各セッションで個人を特定するための一意のセッションリンクが生成されます。各リンクは、各セッションとセッション内のユーザに関連付けられています。つまり、リンクはその時点でのみ有効です。このリンクを使用して、セッションに参加しなおしたり、他のユーザとリンクを共有することはできません。セッションリンクは、5分後に期限切れとなります。

所属教育機関からの許可がある場合には、他のユーザと電話通信を行うことができます。詳細については、「Collaborateテレカンファレンスによる参加」を参照してください。

  1. スケジューラから、参加したいセッションを選択します。
  2. [セッションに参加]を選択します。

Collaborateがコースのどこにあるか不明な場合は、所属する教育機関の管理者にお問い合わせください。


コースルーム

コースルームの概要

コースルームは、自分のコース専用のオープンなセッションです。

これにより、コースでのCollaborateのUltraユーザエクスペリエンスの使用が簡単になります。さらに自分とその受講者が、授業または急なミーティングの開始ポイントとしても利用できるため便利です。

コースルームはデフォルトではオンですが、オフにも設定できます。詳細については、「コースルームをオフにする」を参照してください。

Blackboard Collaborateがコースのどこにあるか不明な場合は、セッションに参加する」を参照して、LMSを選択します。

セッション名または[セッションのオプション]メニューを選択してセッションに参加します。パネルが開き、セッションに参加するために必要な情報が表示されます。

  • お使いのアカウントに関連付けられた[セッションに参加]リンク。このリンクを選択してセッションを開きます。各リンクは、各セッションとセッション内のユーザによって異なります。そのため、リンクはそのセッションについてのみ有効です。このリンクを使用して、セッションに参加しなおしたり、他のユーザとリンクを共有することはできません。セッションリンクは、5分後に期限切れとなります。
  • ダイヤルイン情報 (利用可能な場合)

専用のコースルームをオフにする

オープンなコースルームセッションを学生に対して非表示または参加不可にしたい場合には、オフに設定することができます。

  1. コースルームの[詳細]メニューを開きます。
  2. [コースルームをロック]を選択します。

コースルームが表示されない、あるいは開けない場合は、担当の管理者がオフに設定しています。

Collaborateのコースルームに関するよくある質問


自分がいなくても、学生だけでルームを使用することができますか?

はい。ルームは管理者がオフにするまでオンの状態です。詳細については、「コースルームをオフにする」を参照してください。


コースルームを持っている場合に新しいセッションを作成する理由とは何ですか?

コースルームを持つ場合、スケジュール設定されたセッションを作成する理由はたくさんあります。ここに2つの例があります。

  • 監督されたセッション :コースルームがアンロックされていると、いつでも誰でもセッションに参加できます。学生は教員がいなくてもセッションに参加できます。学生を監督されていないセッションに参加させたくない場合は、コースルームをロックし、スケジュール設定されたセッションを作成します。
  • 同時に実行される複数のセッション :学生がバーチャルのスタディルームとして使えるように複数のセッションを同時に実行したい場合、たとえば、異なるグループが参加できるよう複数のセッションを作成することができます。

セッションの作成

Collaborateセッションを作成

セッションのリストから、[セッションの作成]を選択します。セッションの名前を入力します。

セッションのリストの場所が不明な場合は、セッションに参加する」を参照し、ユーザエクスペリエンスを選択します。

イベントの詳細

イベントを作成するには、いくつかの基本情報を指定する必要があります。

  • セッションの開始日時と終了日時を設定します。セッションを開いたままにする、あるいは繰り返しを選択できます。また、学生が開始時間より前にセッションへ参加できるかどうかを選択できます。

    Collaborateは、セッションの開始および終了時間にコンピュータのローカルタイムゾーンを使用します。

  • ミーティングの詳細な説明を入力します。これにより、学生が適切なセッションを見つけることができます。

セッションに250人以上の出席者が見込まれる場合、Behind the BlackboardのCollaborateサポートチームに大人数セッションのリクエストを送信する必要があります。セッションの開始前にリクエストを送信します。


セッションの設定

セッションで誰がどのような操作を行えるのかを設定します。

  • 記録ページと記録再生ページ上での記録のダウンロードを許可します。
  • モデレータのプロフィール画像のみを表示します。
  • 参加者に、音声、動画、チャット、ホワイトボード編集ツールの使用を許可します。
  • ユーザに、電話を音声として使用してセッションに参加することを許可します。

セッションの設定の詳細


コースコンテンツにセッションを追加する 

コース内のセッションにリンクを追加します。ゲストリンクをコピーし、学生が見つけやすい場所に貼り付けます。

グループセッション


グループセッション

グループセッションによって、クリティカルシンキング、問題解決、適応性、およびコミュニケーション能力が向上します。グループセッションを設定する方法はさまざまです。

  • ブレークアウトグループ :セッション中に一時的なグループコラボレーションを行うには、ブレークアウトグループを使用します。
  • 複数のセッション : 複数のセッションを作成します。学生がバーチャルのスタディルームとして使えるように複数のセッションを同時に実行したい場合、たとえば、異なるグループが参加できるよう複数のセッションを作成することができます。
  • コースグループツール : 長期間のグループ作業の場合は、コース内にグループを作成し、Collaborateセッションへのアクセス権を付与します。

出席者の招待

自分のセッションに出席者を招待する

セッションを選択して、セッションの詳細を開きます。セッション参加またはセッション共有のために必要な情報が、セッション名のすぐ後ろに表示されます。 

次の2つの方法でユーザを招待できます。

  • パブリックゲストリンクを送信する
  • 個人招待メールを送信する

ゲストリンク

ゲストリンクは、リンクを持っている人なら誰でも使用し、共有できるパブリックリンクです。

ゲストアクセスはデフォルトでオンの設定になっています。ゲストアクセスを無効にするには、[ゲストアクセス]チェックボックスをオフにします。これはゲストリンクをオフにするだけです。引き続き、個々の出席者を招待することができます。

ゲストリンクをコピーして、学生やその他のゲストに送信します。

セッションリンクは長くても構いません。送信時には短縮できます。TinyURLTMBitlyなどのURL短縮サービスを利用して、セッションの短いエイリアスを作成します。

このリンクから参加した人はすべて同じゲストロールで参加します。ゲストが、参加者、プレゼンタ、モデレータのいずれとして参加するかを決定します。どのように権限を設定すればよいかわからない場合でも、心配はいりません。権限はミーティング中でも設定できます。

ロールおよび権限に関する詳細


個人招待メール

追加のモデレータを招待して、ゲストは参加者のままにしておきたい場合は、モデレータに個人的な招待メールを送信します。

  1. [招待メール]を展開して、[招待者を追加]を選択します。
  2. 出席者の氏名とEメールアドレスを入力します。
  3. 出席者に割り当てるロールを選択します。

Collaborateは、出席者がセッションに参加するために必要なすべての情報を記載した個人招待メールを送信します。これには、出席者のみが使用可能な一意のセッションリンクなどが含まれます。

出席者に招待メールが届かなかった場合や、出席者が紛失した場合には、招待メールを再送信できます。また、招待した出席者を削除することもできます。削除された出席者は、一意のリンクから参加できなくなります。ゲストリンクを使用すれば、引き続き参加できます。

登録済みユーザに招待メールを送信する場合は、Collaborateのユーザアカウントを持つ者が[登録済みユーザの検索]を選択します。

Collaborateは、 セッションに参加するために必要なすべての情報を記載した個人招待メールを送信します。

  • セッション情報
  • 参加するための一意のセッションリンク
  • ゲストリンク (ゲストアクセスがオンの場合)
  • ダイヤルイン情報 (利用可能な場合)