自分の設定をみつける

Collaborateの詳細情報を取得します。3つの領域に機能がわかりやすく配置されています。すなわち、メディアスペース、[セッション]メニュー、[Collaborate]パネルです。


メディアスペース

Collaborateのメディアスペース (メインステージ) には、セッションのコンテンツが表示されます。このスペースのサイズは、どの画面サイズでも十分に画面を使用できるよう、最大化されています。

ピクチャーインピクチャーウィンドウを選択して、フォーカスを切り替えます。メイン画面がピクチャーインピクチャーになり、ピクチャーインピクチャーがメイン画面になります。

共有コンテンツがない場合、出席者のプロフィールと動画がグリッドビューに表示されます。グリッドビューと発言者表示ビューを切り替えることができます。

発言者表示モードでは、ディスカッションの展開に応じて、その時に発言している人がフォーカスされます。

出席者が6人以上の場合、Ultraユーザエクスペリエンスは自動的に発言者表示モードに切り替わります。


メディアスペースツール

メディアスペースのツールは、そのときにセッションで発生していることに対応して表示されます。ツールはモデレータが設定した権限にも依存します。

メディアスペースツール
ツール説明
音声 音声をオンにします。マイクのアイコンが線で消してある状態は、マイクがオフであることを示します。[音声の共有]を選択して、オンにします。

キーボードの場合、[Alt+M]キーを押してマイクのオン/オフを切り替えます。

動画 動画をオンにします。カメラのアイコンが線で消してある状態は、カメラがオフであることを示します。[動画の共有]を選択して、オンにします。

キーボードの場合、[Alt+C]キーを押してカメラのオン/オフを切り替えます。

挙手 挙手をして質問に答えたり、別のモデレータの注意を引いたりする。[挙手]を選択します。

キーボードでは、[Alt+H]キーを押します。

[Collaborate]パネル [Collaborate]パネルを開きます。
[セッション]メニュー [セッション]メニューを開きます。
発言者表示ビュー 発言者表示ビューに切り替えます。
グリッドビュー グリッドビューに切り替えます。
ピクチャインピクチャ 画面のフォーカスを変更できます。共有コンテンツがメイン画面上にある場合には、発言者の表示に切り替わります。対象のコンテンツをメイン画面に表示するには、ピクチャインピクチャを選択します。
状態 ステータスを退席中として表示します。アバター画像の傍にある緑のチェックマークをポイントし、[一時退席中に設定]を選択します。戻ったら、[オンラインになりました。]をクリックします。

ステータスを更新して、セッション中にフィードバックすることもできます。


[セッション]メニュー

[セッション]メニューには、一連の高レベルのセッション操作と情報が表示されます。画面左上の[セッション]メニューボタンで開きます。


[セッション]メニューツール

セッション中の使用頻度が限られるツールや機能は、ここにまとめられています。

[セッション]メニューツール
ツール説明
記録の開始 モデレータは、[セッション]メニューからセッションの記録を開始できます。
電話の使用 ダイヤルイン番号と固有のPINを取得し、セッション中に電話を音声として使用します。
問題の報告 セッションで発生した問題を報告します。
ヘルプ help.blackboard.comのBlackboard Collaborateヘルプに移動します。
Collaborateの利用方法を学習する Collaborateの利用方法に関するチュートリアルを開きます。
セッションから退出 セッションから退出したら、セッションについて簡単なアンケートにご協力ください。
閉じる [セッション]メニューを閉じます。

[Collaborate]パネル

[Collaborate]パネルはセッションの使いやすさをさらに高めます。優れたコラボレーションツールにより、ひとつのスペースで他の出席者とやりとりできるようになりました。


Collaborateパネルツール

Collaborateパネルツール
ツール説明
チャット セッション内の誰とでもチャットできます。Collaborateパネルを開き、[チャットを開く]を選択します。

モデレータはチャットをオフにできます。

CollaborateのUltraユーザエクスペリエンスの絵文字パックでは、多種類の絵文字およびUnicode-8文字が使用できるようになりました。

絵文字上の5つのスキントーンのうち1つを使用してください。入力時にアンダースコア、トーン、サポートされているトーン番号 (1から5) を絵文字に追加します。絵文字テキストの先頭と最後にコロンの入力を忘れずに。

例 : :wave_tone5:

Collaborateのチャット履歴には、同時に50件までのメッセージしか表示されません。

出席者パネル 出席者のリストを表示します。[Collaborate]パネルを開き、[出席者リストを開く]を選択します。
コンテンツの共有 空白のホワイトボード、アプリケーション、PDF、PowerPoint®プレゼンテーション、およびGIF、JPEG、PNG形式の画像を共有できます。
設定 プロフィール画像の追加、音声と動画の設定、通知設定が可能です。Collaborateパネルを開き、[設定]を選択します。
閉じる [Collaborate]パネルを閉じます。
ホワイトボードの共有 モデレータとプレゼンタは[コンテンツの共有]パネルから空のホワイトボードを共有できます。
アプリケーションの共有 モデレータとプレゼンタは[コンテンツの共有]パネルから、デスクトップ全体またはひとつのアプリケーションを共有できます。
ファイルを共有する モデレータとプレゼンタはPDF、PowerPoint®プレゼンテーション、およびGIF、JPEG、PNG形式の画像を共有できます。
アンケート モデレータは、セッション中にアンケートを開始し、実行できます。
ブレークアウトグループ モデレータは、ブレークアウトグループを開始し、実行できます。
タイマー モデレータはタイマーを開始できます。
オプション [出席者オプション]メニューを開きます。

スクリーンリーダーを使用したCollaborateパネル

Collaborate Panel With a Screen Reader

Using the "button" or link quick keys (B in JAWS or VO + Command + L in VoiceOver) look for the button labeled "Open Collaborate Panel".

If the link quick key in VoiceOver doesn't identify this action, try VO + Command + G to go to the next graphic, or VO + Right Arrow to read the next item until you find it. 

Activating this button opens a 'tab list' which works as follows:

  1. The first tab "Chat" is focused by default. Use the TAB key on your keyboard to interact with the elements within the chat panel including reading and posting messages.
  2. Use the right and left arrow keys to move through the tabs (Chat, Attendees, Content, and Settings).
  3. Once a tab has focus you can use the TAB key to move through the elements on the page. Or back to the list of tabs.
  4. Tab to the "close Collaborate Panel" button to exit out of this experience.

チャット履歴キーボードコントロール

Chat history keyboard controls in Collaborate

Use the keyboard controls at the top of the Chat panel to move between messages. The keyboard controls are only available after messages have been posted in Chat and are only available with keyboard navigation.

  1. From the text entry field in the Chat panel press Shift + Tab to open the keyboard controls. Or from the Chat with menu at the top of the panel press Tab.
  2. By default, the focus is on the Next chat message control. Press Shift + Tab to find the Previous chat message and First chat message controls. Press Tab to find the Last chat message control. Collaborate's chat history only has 50 messages displayed at any given time.
  3. Press Space Bar to activate the control and listen to the message.
  4. Press Tab to move through the controls and return to the chat text entry field.

スケジューラ

Collaborate scheduler

When you first access Blackboard Collaborate you'll encounter an intuitive design for scheduling sessions in the Ultra experience and viewing recordings. We call this the Collaborate Scheduler.

The Collaborate scheduler is available in Blackboard Learn and LTI compliant LMS courses or directly from a web link. The Collaborate scheduler is not available in the Blackboard Open LMS Collaborate activity module.

Set the date for your session, the designated start and stop times, and then tell your student how to find it.

In the Scheduler, you'll find these things.

  • Course room: At the start of the page is a course room. The course room is an open session dedicated to your course.

    This is only available when you go to Collaborate from inside a course.

  • Create Session: Create new sessions. Sessions you create appear after the course room and Create Session button. 
  • Session options: Open the Session options menu to join, edit or delete the session. You can also copy a guest link and view reports for this session.
  • Menu: Open the menu to switch between a list of sessions and a list of session recordings.