支援技術を使用したタイマー


タイマー

モデレータがタイマーを開始すると、アラートが発生してスクリーンリーダーのユーザに残り時間に関する情報を伝えます。タイマーのカウントダウンにより、残りの時間 (1分のうち残り30秒など) が明示的に示されます。

タイマーが終了すると、ページの右上隅に「時間終了」というテキストを含むアラートが視覚的に表示されます。このタイマーボタンは「完了」に変わり、スクリーンリーダーのユーザには「時間終了」が読み上げられます。

タイマーの詳細

  1. タイマーのカウントをリアルタイムで聞くには、[タイマー :アクティブ]ポップアップボタンに移動します。
  2. スペースバーを押すか、[タイマー :アクティブ]ポップアップボタンを選択して[タイマー]領域を開きます。
    • タイマーの詳細が開き、現在の残り時間が大きな太字の白い数字で、MM:SSの形式で表示されます。その下に合計時間が、小さい白のフォントで、やはりMM:SSの形式で表示されます。
    • スクリーンリーダーのユーザには、「MM:SSのうち残りMM:SS」が読み上げられます。

タイマー領域が開くと、時間が終了するまで閉じることができません。終了したら、[完了]ボタンに移動します。スペースバーを押すか、[完了]ボタンを選択して、ページからタイマーを削除します (モデレータが削除していない場合)。


タイマーを設定する

  1. [コンテンツの共有]パネルから[タイマー]ボタンに移動します。
  2. スペースバーを押すか、[タイマー]ボタンを選択して[タイマーを開始]パネルを開きます。
  3. [タイマーを開始]パネルをナビゲートして、必要に応じて以下の機能を変更します。
    • [ステッパー/増分に必要な分数]テキストフィールド
      • フィールドには自動的に5が入力されます。[Delete]または[Backspace]を使用して値を消去し、新しい数値を入力します。[Tab]キーを使用するか[]を選択して、[]フィールドを終了します。
    • [ステッパー/増分に必要な秒数]テキストフィールド
      • フィールドには自動的に0が入力されます。[Delete]または[Backspace]を使用して値を消去し、新しい数値を入力します。[Tab]を押すか、[]フィールドに続く[タイマーの説明]フィールドを選択します。[タイマーの説明]編集フィールドには、最大120文字入力できます。
    • [タイマーカウント]選択フィールド (値は、[上へ]および[下へ])
    • [タイマーの表示]選択フィールド (値は[全員]および[モデレータのみ])。
  4. [開始]ボタンに移動します。
  5. スペースバーを押すか[開始]ボタンを選択して、タイマーを開きます。
  6. タイマーが、メインセクションの[音声の共有]ボタンおよび[動画の共有]ボタンの上に表示されます。スクリーンリーダーのユーザには、「タイマーが開始されました。残り時間は#分です」が読み上げられます。

タイマーを一時停止する

  1. [タイマー :アクティブ]ポップアップボタンに移動します。[音声の共有]ボタンと[動画の共有]ボタンの上に、増加または減少する数字のカウンターとして視覚的に表示されます。
  2. スペースバーを押すか、[タイマー :アクティブ]ポップアップボタンを選択して[タイマー]領域を開きます。
    • フォーカスが[一時停止]ボタンに置かれ、スクリーンリーダーのユーザには、「一時停止ボタン、タイマー領域」が読み上げられます。
  3. スペースバーを押すか[一時停止]ボタンを選択して、タイマーを一時停止します。
    • タイマーが一時停止して、スクリーンリーダーのユーザには、「タイマーが一時停止されています。残り時間 : [MM:SS]」が読み上げられます。
    • タイマー領域は開いたままで、フォーカスは引き続き[再開]ボタンにあります。

タイマーを再開する

  1. タイマーが一時停止されると、タイマー領域は開いたままになります。フォーカスが[再開]ボタンにない場合、このボタンに移動します。
  2. スペースバーを押すか、[再開]ボタンを選択します。
    • タイマーが再開し、スクリーンリーダーのユーザには、「タイマーが再開されました。残り時間 : [MM:SS]」が読み上げられます。
    • タイマー領域は開いたままで、フォーカスは引き続き[一時停止]にあります。

タイマーをリセットする

タイマーは、タイマーを一時停止した後でのみリセットできます。

  1. タイマーを一時停止して、[タイマーをリセット]ボタンを有効にします。
  2. [タイマーをリセット]ボタンに移動します。
  3. スペースバーを押すか、[タイマーをリセット]ボタンを選択します。
    • 時間がリセットされ、フォーカスが[一時停止]ボタンに置かれます。
    • スクリーンリーダーのユーザには、「一時停止ボタン」が読み上げられます。

タイマーの設定

  1. タイマーを一時停止して、[タイマーの設定]ボタンを有効にします。
  2. [タイマーの設定]ボタンに移動します。
  3. スペースバーを押すか、[タイマーの設定]ボタンを選択します。
    • [タイマーを開始]パネルが開き、フォーカスがタイマーを開始という見出しに移動します。
  4. タイマーの手順に従ってタイマー設定を変更します。
    • [タイマーを開始]パネルは、[タイマーの設定]ボタンがアクティブな場合、2つのわずかな違いがあります。
      • [アクティブなタイマー]テキスト、[一時停止]テキスト、および[タイマーの消去]ボタンが[タイマーを開始]という見出しのすぐ下に表示され、このパネルを操作するスクリーンリーダーのユーザには、「アクティブなタイマー、一時停止、タイマーの消去ボタン」が読み上げられます。
      • これにより現在のタイマーが上書きされます」という通知がパネルの下部の[キャンセル]ボタンのすぐ上に追加されます。

タイマーを消去する

タイマー領域、タイマー設定、および[コンテンツの共有]パネルからタイマーを消去できます。

タイマー領域

  1. タイマーを一時停止して、[タイマーの消去]ボタンを有効にします。
  2. [タイマーの消去]ボタンに移動します。
  3. スペースバーを押すか、[タイマーの消去]ボタンを選択します。
    • タイマー領域が閉じて、スクリーンリーダーのユーザには「タイマーがクリアされました」が読み上げられます。
    • フォーカスが、[ステータスおよび設定]ポップアップボタンに移動します。

タイマーの設定

  1. [タイマー]設定に移動して[タイマーを開始]パネルを開きます。
  2. [タイマーの消去]ボタンに移動します。
  3. スペースバーを押すか、[タイマーの消去]ボタンを選択します。
    • タイマー領域が閉じて、スクリーンリーダーのユーザには「タイマーがクリアされました」が読み上げられます。
    • フォーカスをリセットするには、[Tab]キーを使用して[]ステッパー/増分フィールドに移動します。

コンテンツの共有

  1. [コンテンツの共有]パネルに移動します。
  2. [タイマーの消去]ボタンに移動します。
  3. スペースバーを押すか、[タイマーの消去]ボタンを選択します。
    • タイマー領域が閉じて、スクリーンリーダーのユーザには「タイマーがクリアされました」が読み上げられます。
    • フォーカスをリセットするには、[Tab]キーを使用して[ブレークアウトグループ]ボタンに移動します。

タイマーを表示する/非表示にする

  1. Collaborateのメインセクションで、[タイマーのカウンターを非表示]ボタンに移動します。視覚的には目のアイコンとして表示されます。
  2. スペースバーを押すか、[タイマーのカウンターを非表示]ボタンを選択します。
    • ボタンのアイコンが変化し、タイマーの値が表示されなくなり、スクリーンリーダーのユーザには「タイマーカウンターを開始ボタン」が読み上げられます。
  3. タイマーを表示するには、スペースバーを押すか[タイマーのカウンターを表示]ボタンを選択します。視覚的には線で消された目のアイコンとして表示されます。
    • ボタンのアイコンが変化し、タイマーの値が表示され、スクリーンリーダーのユーザには「タイマーカウンターを非表示ボタン」が読み上げられます。