出欠レポートでは、セッション出欠レポートの他に、すべてのセッションの概要とセッション出席者の詳細をマネージャに提供します。これには、セッションを開始した時間、セッションを終了した時間、各出席者の参加時間と退席時間が含まれます。

このレポートで使用しているタイムゾーンは、UTC/GMT (00:00) です。


出欠レポートの作成およびダウンロード

出欠レポートは、CSVファイル形式でのみダウンロードできます。出欠レポートをダウンロードできるのは、マネージャだけです。

iPhoneおよびiPadのユーザがレポートを正しく表示するには、デバイスにMicrosoft Excelをインストールしておく必要があります。

  1. スケジューラにマネージャとしてログインし、[レポート]、[教育機関レポート]の順に選択します。
  2. [出欠レポート]を選択します。
  3. [日付範囲]で、レポートの日付範囲を選択します。6か月を超える日付範囲は設定できません。UTC/GMT (00:00) タイムゾーンを使用します。
  4. [レポートを生成]を選択します。
  5. レポートが作成されたら、[レポートをダウンロード]を選択します。

    レポートのデータ量が多い場合、生成に時間がかかる場合があります。レポートが生成される間パネルを開いたままにして、後でダウンロードすることができます。


CSV形式でエクスポートした出欠レポートの列名

このレポートで使用しているタイムゾーンは、UTC/GMT (00:00) です。

  • SessionDate : セッションが作成された年月日 (MM/DD/YYYY HH:MM)。タイムゾーンは、UTC/GMT (00:00) を使用します。
  • SessionName : セッションの名前
  • SessionIdentifier : セッションの一意の識別子
  • SessionInstanceIdentifer : セッションオカレンスの一意の識別子
  • SessionOwner : セッションの所有者の名前
  • RoomOpened : ルームが開かれた日時 (MM/DD/YYYY HH:MM)。タイムゾーンは、UTC/GMT (00:00) を使用します。
  • RoomClosed : ルームが閉じられた日時 (MM/DD/YYYY HH:MM)。タイムゾーンは、UTC/GMT (00:00) を使用します。
  • NameOfAttendee : 出席者の表示名
  • FirstNameOfAttendee : 出席者の名
  • LastNameOfAttendee : 出席者の姓
  • EmailOfAttendee : セッション招待パネルに入力された出席者のEメールアドレス。LMSの設定によっては、LMS統合でEメールが空白になっている場合があります。ゲストリンクのEメールは空白です。
  • Username : 出席者のユーザ名

    ユーザ名がない場合は、表示名が使用されます。たとえば、ゲストユーザの場合は、ログインしないため、ここに表示名が使用されます。

  • AttendeeRole : 出席者のロール (モデレータ、プレゼンタ、参加者)
  • AttendeeType : 出席者がユーザアカウントを持っているかどうかを識別
  • AttendeeFirstJoinTime : 出席者が初めてセッションに参加した日時 (MM/DD/YYYY HH:MM)。タイムゾーンは、UTC/GMT (00:00) を使用します。
  • AttendeeLastLeaveTime : 出席者が最後にセッションを退席した日時 (MM/DD/YYYY HH:MM)。タイムゾーンは、UTC/GMT (00:00) を使用します。
  • AttendeeTotalTimeInSession : 出席者がセッションで費やした合計時間 (HH:MM:ss)
  • AttendeeTotalRejoins : 出席者がセッションに参加し直した合計回数
  • ContextName : コース、グループ、またはフォーラムの名前。
  • ContextIdentifier : コース、グループ、またはフォーラムの一意の識別子。

    コンテキスト名およびIDの列に何も表示されていない場合、お使いのLMSバージョンはサポートされていません。