セッションの作成と編集

セッションを作成するには、[セッション]画面から[セッションの作成]を選択します。セッションを編集するには、編集するセッションを見つけて[セッションのオプション]と[設定の編集]を選択します。

  • セッション名を入力します。これにより、学生が適切なセッションを見つけることができます。
  • セッションの開始日時と終了日時を設定します。セッションを開いたままにする、あるいは繰り返しを選択できます。また、学生が開始時間より前にセッションへ参加できるかどうかを選択できます。
  • オプションで、ミーティングの詳細な説明を入力します。
  • モデレータリンクは、コピーして個人的なカレンダーに追加するなど、個人的に使用することができます。このリンクを使用するには、セッション作成者の認証資格情報でサインインできることが前提になります。
  • ミーティングのゲストアクセスを設定します。[ゲスト アクセス]チェックボックスをオフにしてゲストアクセスを削除します。
  • ゲストリンクをコピーして学生またはその他のゲストに送信することができます。また、ゲストを参加者、プレゼンタ、モデレータのどれに設定するかを決定できます。ゲストリンクはパブリックリンクであり、リンクを持っている人は誰でも使用できます。詳細については、「セッションのセキュリティ」を参照してください。

    セッションリンクは長くても構いません。送信時には短縮できます。TinyURLTMなどのURL短縮サービスを利用して、セッションの短いエイリアスを作成します。

  • ゲストが、参加者、プレゼンタ、モデレータのいずれとして参加するかを決定します。どのように権限を設定すればよいかわからない場合でも、心配はいりません。権限はミーティング中でも設定できます。
  • ユーザをセッションに招待します。[招待メール]を展開して、[新しい招待を追加する]または[既存のユーザを検索]を選択します。詳細については、「ユーザの作成と管理」を参照してください。

セッションの設定

セッションの設定

 [セッションの設定] から、ユーザが記録のダウンロード、音声または動画の共有、チャットメッセージの投稿などができるかどうかを決定します。

モデレータと管理者のみがセッションの設定を変更できます。


セッション開始前に行う設定

ほとんどの設定はセッション中いつでも変更できますが、一部の設定はセッションの開始前に設定しておくことを推奨します。そうした設定には、チャットメッセージの匿名化、電話通信の有効化などが含まれます。

  1. [セッション]画面からセッションを見つけます。
  2. [セッションのオプション]、[設定の編集]、[セッションの設定]を選択します。
  3. オプションで、次の設定を設定します。
    • 記録のダウンロードを許可する : ユーザに記録のダウンロードを許可する場合は、セッションと記録の開始前にこれを設定します。

      気が変わった場合は、後で記録のダウンロードを設定することができます。セッションが終了している場合は、セッションの終了日を現在または未来の日付に変更して、[保存]を選択します。

    • チャットメッセージの匿名化 : ライブセッション中に投稿されるチャットメッセージが記録では匿名の投稿として表示されるようにすることができます。

      このオプションを選択した後に行われる記録では、匿名のチャットメッセージになります。このオプションを選択する前に行われた記録には適用されません。

      現時点では、チャットの記録はUltra SchedulerユーザとLearning Tools Interoperability (LTI、学習支援ツールの相互運用) ユーザ、Blackboard Collaborate ULTRA Building Blockユーザのみが利用できるHTML5プレーヤーでのみ利用できます。

    • ユーザに電話での参加を許可する : これを選択すると、すべての出席者の[セッション]メニューに、セッションの間、音声に電話を使用するオプションが表示されます。これを選択しなければ、セッションの間、電話を使用できません。

      テレフォニーとセッションへの電話の詳細

    • 参加者はモデレータのみとチャットできる : 初期設定で、プライベートチャットは利用可能になっています。選択すると、参加者はモデレータのみと個人的にチャットができます。選択しなければ、参加者はセッション内の誰とでも個人的にチャットできます。

    • モデレータはすべてのプライベートチャットを監視する : 選択すると、モデレータには、プライベートチャットチャンネルでの発言がすべて表示されます。チャットが監視されていることをユーザに知らせる警告が、プライベートチャットチャンネルの上部に表示されます。選択しなければ、モデレータはプライベートチャットチャンネルを見ることができません。

現時点ではこれは、スケジューラにモデレータアクセス権があるユーザ、LTI準拠のLMSでCollaborateを使用するユーザ、またはBlackboard LearnコースでBlackboard Collaborate Ultraを使用するユーザのみ利用できます。どれを使うべきか迷っていますか?「セッションのスケジュール」にジャンプします


出欠記録

Blackboard LearnでのCollaborate出欠設定

CollaborateをBlackboard Learnコースから使用する場合、CollaborateがBlackboard Learnコースの[出欠]ページに学生の出欠を送信するよう選択できます。

これは、セッションの開始前に設定する必要があります。

Collaborateの出欠情報をコースと共有する機能は、Blackboard Learnでのみ利用できます。Blackboard Learnを使用しているかご不明な場合は、「ミーティングのスケジュール」を参照して、どの学習管理システムが自分のものであるか確認してください。

出欠レポートの詳細


セッションの間に変更できる設定

モデレータは、セッションの前またはセッション中、いつでも参加者の権限を変更できます。Collaborateパネルを開き、[設定]を選択します。[セッションの設定]を選択します。

Collaborateパネルの場所が不明ですか?「自分の設定を見つける」にジャンプします。

デフォルトでは、参加者ロールのユーザは、自分のプロフィール写真の表示、音声および動画の共有、チャットメッセージの投稿、ホワイトボードおよび共有ファイルの利用が許可されています。

オプションで、次の設定を変更します。

  • モデレータのプロフィール画像のみを表示する :これを選択すると、セッションのどこにも参加者のプロフィール画像は表示されません。これには出席者パネル、チャット、ブレークアウトグループ、メインステージが含まれます。代わりに、参加者にはデフォルトのアバターが表示されます。
  • 音声の共有 :これを選択すると、モデレータは必要に応じて参加者をミュートできます。選択しない場合、モデレータとプレゼンタのみが音声をオンにできます。
  • 動画の共有 :選択しない場合、モデレータとプレゼンタのみが動画をオンにできます。
  • チャットメッセージの投稿 :選択しない場合でも、モデレータとプレゼンタはチャットを使用できます。参加者はチャットを使用できませんが、モデレータやプレゼンタが投稿したチャットメッセージは表示することができます。
  • ホワイトボードとファイルの使用 : 選択しない場合、モデレータとプレゼンタのみがホワイトボードを使用できます。

ウェビナーモードでの設定

デフォルトでは、セッションでは250人までの出席者の参加がサポートされています。管理者がセッションをウェビナーモードで作成すると、より多くの出席者がサポートされます。ウェビナーモードでは最大500人の出席者をセッションでサポートできます。

ウェビナーモードでは一部の機能が利用できません。それらの機能はオフになっています。

  • 参加者の権限 : 参加者は音声や動画の共有、チャットメッセージの投稿、ホワイトボードとファイルへの描画を実行できません。

    モデレータは、セッション中にチャットをオンにすることができます。モデレータの権限は変更されません。

  • ブレークアウトグループ : ブレークアウトグループは、ウェビナーモードでは利用できません。

セッションで250人を超える出席者が予想される場合、管理者にウェビナーモードでのセッションの作成を依頼してください。

参加者にチャットさせたい、または音声を使用させたい場合はどうすればよいですか?

1人の参加者に対して音声や動画の共有、チャットメッセージの投稿、ホワイトボードとファイルへの描画を許可したい場合は、参加者をプレゼンタに昇格させてください。

出席者の管理の詳細


ウェビナーモードをオンにする

モデレータアクセス (クラスルーム) ライセンスのクライアントは、ウェビナーモードを使用できません。ウェビナーモードは、デパートメントライセンスおよびエンタープライズライセンスのクライアントで使用できます。ライセンスまたはアップグレードに関するご質問は、Blackboard Account Executiveにお問い合わせください。

セッションをウェビナーモードに変更すると、最大500人の出席者に対応できます。より多くの出席者を管理できるようにするため、ウェビナーセッションには以下の制限があります。

  • ウェビナーセッションの長さは24時間を超えることはできません
  • ゲストには参加者ロールを割り当てる必要があります
  • 参加者権限はオフになっています
  • ブレークアウトグループは使用できません

セッションをウェビナーモードで作成するには、[セッションの設定]に移動して[250人以上の参加を許可する]を選択します。オプションが[セッションの設定]に表示されない場合は、Behind the Blackboardでオプションをオンにするリクエストを送信してください。


記録

モデレータはセッションを記録し、共有することができます。記録はMP4ファイルとして保存されます。ユーザは記録をストリーミングしたり、ダウンロードして見ることができます。音声や動画、セッション中に共有されるその他のコンテンツも記録可能です。セッション中に使用されるリアルタイム字幕やサブタイトルのキャプチャも可能です。セッションで使用された字幕が複数ある場合には、最初のものが記録されます。

Behind the Blackboardの記録ストレージの詳細 (英語版のみ)

モデレータの記録の詳細


レポート

管理者、マネージャ、およびモデレータは、スケジューラからレポートを表示できます。

レポートの詳細


フリーダイヤル番号の使用

学生の長距離通話料金を節約して、セッションでのダイヤルイン用のフリーダイヤル番号を追加します。フリーダイヤル番号の所有者が代わりに料金を負担します。

Collaborateではフリーダイヤル番号を提供しません。フリーダイヤル番号を持っていない場合は、Toll-Free Forwardingなどのサービスから購入できます。

  1. フリーダイヤル番号をCollaborateのダイヤルイン電話番号の1つに転送するように設定します。
  2. Behind the Blackboardで、セッションユーザインターフェイス内の番号をフリーダイヤル番号に置き換えるリクエストを送信します。