LMS/VLEコースではJavaなしの環境を体感できます。

Blackboard Collaborate with the Ultra Experienceは、Learning Tools Interoperability® (LTI、学習支援ツールの相互運用) に準拠しています。

ユーザは、LTI準拠の学習管理システム (LMS) またはバーチャル学習環境 (VLE) で、各自のコースからCollaborate (Ultraユーザエクスペリエンス) のセッションに参加することができます。

JavaをインストールしたりJava依存ファイルをデバイスにダウンロードして開いたりする必要はありません。 お使いのブラウザの設定に応じて、新しいウィンドウまたはタブでセッションが開きます。

Blackboard Collaborateのローカルサーバへのリンクを行うと、教員はCollaborateを自分のコースに追加することができます。教員は、バーチャルの講義、オフィス、ミーティングスペースを作成して、学生にさらに協調的かつインタラクティブな学習体験を提供することができます。

Collaborate Request Integration Credentials


Get your credentials

To use Collaborate with the Ultra experience with your Learning Management System (LMS), start by contacting Blackboard to have it enabled on your instance and receive your integration credentials.

Submit a case on Behind the Blackboard (available in English only). Fill in all of the fields and make these selections:

  • From the Product line menu, select Collaborate.
  • From the Environment menu, select Web Conferencing.
  • From the Issue Topic menu, select Collaborate Ultra.
  • From the Functional Area menu, select LMS Integration Credential Creation Requests.
  • From the Category menu, select your Learning Management System.
    • Blackboard Learn
    • LTI integration
    • Moodle plugin
    • Rest API integration
  • From the Instance menu, select your instance:
    • Production
    • Test
    • Development
  • In the Description area, specify Collaborate Ultra.

LMSへのリンク

LMSからCollaborateローカルサーバへリンクできます。管理者としてこの作業を行う必要があります。

提供されているサーバURL、キー、秘密鍵を使用してください。リンクの表示/非表示のオプションがある場合には、 ユーザがリンクを表示できるかどうか確認してください。

また、コンテキストID、ユーザID、ユーザ名、ユーザの電子メールアドレスをBlackboard Collaborate LTIプロバイダに送信するようLMSを設定する必要もあります。

これは単に基本的な指針です。詳細については、LMS文書を参照してください。


LMSでのCollaborateの設定

LTI準拠CollaborateでLMSを設定します。

これらのリンクから、Behind the Blackboardの記事 (英語版のみ) にアクセスできます。

Moodleのインストールおよび設定の手順 (英語版)

Canvasのインストールおよび設定の手順 (英語版)

D2Lのインストールおよび設定の手順 (英語版)


セッション

教員はセッションを自分のコース内に希望の数だけ作成できます。

モデレータヘルプ内のセッションの作成方法の詳細

コース専用のオープンセッションである[コースルーム]も利用できます。これにより、教員はLMSおよびVLEコースでのCollaborateのUltraユーザエクスペリエンスの使用が簡単になります。さらにモデレータおよび参加者は、授業または急なミーティングの開始ポイントとしても利用できるため便利です。

コースルームはデフォルトではオンですが、オフにも設定できます。詳細については、「コースルームをオフにする」を参照してください。


教育機関レベルおよびコースレベルで専用コースルームをオフにできます。

  • すべての教育機関に対してオフにする方法サポートに連絡して、ご自身の教育機関全体のコースルームをオフにします。教員および学生はコースルームへのアクセスも使用もできなくなります。
  • 個々のコースに対してオフにする方法 :コースルームの[詳細]メニューを開きます。[コースルームをロック]を選択します。学生はセッションを見ることも参加することもできません。