どちらのエクスペリエンスを使用するか

新しいBlackboard Collaborate with the Ultra Experienceへの移行を迷っている方のために、判断基準を提供します。

Ultraユーザエクスペリエンスは全面的に設計が見直されており、高品質のブラウザベースのウェブカンファレンスソリューションを提供します。これにより、通信教育で授業と学習がシンプル、明快、かつ安心して行えます。

営業時間、講義、および小規模グループでコラボレーションをお使いのお客様は、Ultraユーザエクスペリエンスをご検討ください。一方、大規模グループでのコラボレーション、詳細な授業と学習、大規模なWebinarを行うお客様は、現時点では元のユーザエクスペリエンスのままお使いいただくこともできます。

シナリオによる推奨
シナリオUltraユーザエクスペリエンスを使う元のユーザエクスペリエンスを使用する
営業時間 (例 : 1対1、学生サポート、ドロップイン)
Yes
 
講義 (出席者数は最大500人)
Yes
 
小さいグループのコラボレーション (ライセンスにより出席者数は最大100~250人)
Yes
 
耳の不自由な参加者や、母国語がモデレータと異なる出席者の音声コンテンツに対する、アクセス可能な代替手段を提供します。
Yes
 
Blackboard Learn 9.1 2014年10月およびLearn SaaSからアクセス可能なセッション
Yes
 
Blackboard Open LMSからアクセス可能なセッション
Yes
 
LTI準拠の他の学習管理システム (LMS) からアクセス可能なセッション
Yes
 
セッションの記録
Yes
 
アンケート、ブレークアウトグループなどを活用した授業と学習
Yes
 
大規模なWebinar (出席者数は最大1000人) 
Yes
大きいグループのコラボレーション (出席者数は最大1000人) 
Yes