Collaborateの字幕

ライブ字幕 (クローズドキャプション)

Ultraユーザエクスペリエンスは、ライブ字幕 (クローズドキャプション) に対応しています。聴覚に障害を持つ学生や、モデレータとは違う母国語を使用する学生たちに、アクセス可能な学習体験を提供します。

現時点では、ライブ字幕 (クローズドキャプション) のテキスト読み上げはサポートされていません。

モデレータは出席者を字幕入力担当者に設定する必要があります。字幕入力担当者は、セッション中の発言を入力します。その他の出席者は、入力された内容をリアルタイムで確認できます。複数の字幕入力担当者を設定して、複数の言語に対応できます。

出席者を字幕入力担当者に設定する方法の詳細 (モデレータ向け)

セッションが記録される場合、ライブセッション中に入力された字幕も含まれます。セッションにキャプショントラックが複数ある場合には、最初のものが記録されます。

参加者向けセッションの記録の詳細


字幕入力担当者になる

字幕入力担当者として、セッション中の字幕を他ユーザに提供します。このロールは、モデレータによって割り当てられます。

1つのセッションで、字幕入力担当者を何人か指定できます。字幕入力担当者は、出席者パネル上で、クローズドキャプション (CC) アイコンで表示されます。

ライブ字幕は、日本語、簡体字中国語、繁体字中国語、韓国語には対応していません。これらの言語がブラウザで設定されている場合、字幕の開始時にエラーが表示されます。

  1. モデレータによって字幕入力担当者に指定されると、「このセッション中の字幕を他のユーザに提供できるようになりました」というメッセージがページの上部に表示されます。
  2. スペースバーを押すか、[視聴者への字幕の提供を開始してください]ボタン (画面上では[開始してください]) を選択します。
  3. 字幕を選択すると、フォーカスが[視聴者に字幕を提供する]という編集フィールド (プレースホルダテキストは「字幕を入力」) に移動します。
  4. これで字幕を編集フィールドに入力できるようになりました。

字幕の提供開始を選択すると、すべての出席者に字幕が利用可能であることが通知されます。字幕入力担当者が文字を入力すると、画面上に字幕がリアルタイムで表示されます。

デフォルトでは、字幕のタイトルとして入力担当者の名前が使用されます。他の参加者が字幕を識別できるよう、タイトルを変更することをお勧めします。例えば、「字幕」や「スペイン語字幕」といった感じです。

  1. 字幕編集フィールドの右上の自分の名前に移動します。
  2. スペースバーを押すか、[字幕ストリームのタイトルを編集 : [あなたのゲストの名前]]ボタンを選択します。
  3. あなたの名前を削除します。
  4. 「字幕ストリームの新しい名前を入力してください。[Enter]を押して更新するか、[Escape]を押してキャンセルします。」という編集フィールド (プレースホルダテキストは「字幕ストリームのタイトルを入力」) に新しいタイトルを入力します。
  5. [Enter] を押して更新します。
  6. フォーカスが[視聴者に字幕を提供する]という編集フィールド (プレースホルダテキストは「字幕を入力」) に移動します。

共有されているコンテンツが表示されている状態で、発言者を見たいですか?ピクチャインピクチャを選択すると、アクティブな発言者を表示できます。


字幕を表示する

字幕入力担当者が役割を引き受けると、「このセッションでは字幕をご利用いただけます。字幕を使用しますか?」というメッセージがページの上部に表示されます。

  1. 字幕を表示するには、スペースバーを押すか、[はい、字幕を有効にします。]ボタン (画面上では[はい]) を選択します。
  2. [はい]を選択すると、ページの下部中央の「[字幕ストリームタイトル]字幕」という編集フィールドが有効になります。

字幕をオフにするには、スペースバーを押すか、[いいえ、字幕なしで続けます。] (画面上では[いいえ]) ボタンを選択します。

字幕のフォントサイズを変更する

  1. 読み取り専用の字幕編集フィールドから、[字幕テキストのフォントサイズを選択する]選択フィールドに移動します。デフォルトでは、[M]が設定されています。
  2. スペースバーを押すか、[字幕テキストのフォントサイズを選択する]選択フィールドを選択します。
  3. 次のオプションのいずれかに移動して選択します。
    • XS
    • S
    • M
    • L
    • XL
  4. フォントサイズと字幕フィールドのサイズが、変更に応じて調整されます。

ライブ字幕と中国語、日本語、韓国語のブラウザ

ライブ字幕の入力プロセスは、言語が中国語、日本語、韓国語に設定されているブラウザではサポートされません。つまり、入力した内容が正しく表示されない可能性があります。出席者は結果として表示される文字だけではなく、キー入力も目にすることになります。

:日本語の「河口」を入力する場合、字幕入力担当者がkakouとタイプすると、「kかkこう」と表示されます。これらの文字は手動で「河口」に変換されます。字幕を見る出席者は、入力された文字と変換された文字の両方を見ることになるため、読みにくくなります。


字幕とチャットのトランスクリプトの記録

Collaborateの記録とトランスクリプトのダウンロード

モデレータがセッション記録のダウンロードを許可している場合は、記録プレーヤーの[記録]メニューから、記録とトランスクリプトをダウンロードできます。

画面の左上部で[記録]メニューを開きます。

  • 完全な記録のダウンロード
  • キャプションのトランスクリプトのダウンロード
  • チャットのトランスクリプトのダウンロード

メインの[記録]リストから字幕をダウンロードすることもできます。

  1. [記録]から、字幕 (CC) 付きの記録を検索します。
  2. [字幕オプション]メニューを選択し、[字幕のダウンロード]を選択します。

Collaborateの記録に字幕を追加する

記録に字幕を追加する

セッションでライブ字幕 (クローズドキャプション)を使用した場合は、記録にはすでに字幕が付いています。

すべての人が学習に取り組めるよう、動画に字幕を追加しましょう。動画に字幕を付けることにより、聴覚に障害のある人のアクセシビリティに配慮したコンテンツを作成できます。字幕が付いていれば、すべての学生が動画コンテンツを利用できます。字幕の用途は数限りなくあります。

  • うるさい環境で作業をしていても、字幕は読み取ることができます。
  • 非ネイティブでも自分の言語で字幕を読むことができます。
  • 文字を読んで学習する人も、発言者が話す内容を理解することができます。
  • 学生は、テストに出題される可能性のある用語の綴りを確認できます。
  • 誰でも、セッションを検索して重要な用語を探すことができます。

Video Text Tracks (VTT) キャプションファイルおよびSubRip字幕 (SRT) ファイルをアップロードして記録に追加したり、記録の字幕と置き換えたりできます。

VTTキャプションファイルの詳細については、W3C WebVTTおよびMozilla WebVTTをご覧ください。

SRTファイルの詳細については、WikipediaのSubRipのトピックおよび3Play MediaのSRTファイルの作成方法をご覧ください。

  1. [Collaborateスケジューラ]から、[記録]を選択し、必要な記録を見つけます。

    Collaborateスケジューラは、Blackboard LearnコースおよびLTI準拠のLMSコースで利用できます。Collaborateスケジューラは、Blackboard Open LMS Collaborateアクティビティモジュールでは利用できません。

  2. [記録オプション]メニューを選択して、[字幕のソースを追加]を選択します。
  3. VTTファイルを参照してアップロードします。

字幕の上書き

字幕付きの記録には[字幕オプション]メニューがあります。字幕を上書きする場合は、このメニューを開きます。

  1. [記録]から、必要な記録を検索します。
  2. [字幕オプション]メニューを選択し、[字幕ソースを上書き]を選択します。
  3. VTTファイルを参照してアップロードします。

Collaborate自動字幕

自動ライブ字幕

リアルタイム字幕が必要であり、ライブ字幕入力担当者がいない場合は、自動字幕が代替手段となることがあります。現時点ではBlackboard Collaborateには自動ライブ字幕が含まれていませんが、将来この機能を追加することを計画しています。それまでの間、サードパーティ企業の自動ライブ字幕を利用できる可能性があります。たとえば、Googleが提供する無料サービスにより、一部の音声ファイルや動画に字幕を生成したり、教員が直接生成したりすることができます。このサービスに関する詳細は、直接Googleにお問い合わせください。Blackboardでは、サードパーティのどの自動字幕サービスも、Blackboard Collaborateまたはその他の製品との使用を公認または推奨していません。さらに、Blackboardではサードパーティのどの自動字幕サービスも、Blackboard Collaborateとの使用に適していること、関係法規に準拠していること、または意図するか必要とする目的に適合していることを保証していません。サードパーティの自動字幕サービスの使用は、すべてご自身の責任において行ってください。Blackboardでは、お客様がサードパーティの自動字幕サービスを利用する際は、エンドユーザの学生または教員が同サービスの使用を学習し、字幕が実際に利用可能であり、サービスが音声コンテンツを正確に反映していることを確認することを強くお勧めします。記録の字幕付けについては、Blackboard Collaborateでは教育機関が独自の字幕をアップロードするソリューションを提供しているほか、3playmediaと契約している教育機関向けに3playmediaとの統合機能を提供しています。