Blackboard Instructorアプリでは、提出物の採点が必要なコースを簡単に識別できます。教員および採点者は、iOSおよびAndroidデバイス上で提出物の内容を確認し、注釈を付け、採点して、それを学生に速やかに公開することができます。

アプリの採点機能の初期リリースは、従来のコースの課題にのみ利用できます。現在、あなたの所属教育機関では、Blackboard Learn SaaSまたはBlackboard Learn 9.1 Q2 2018 CU4以降が必要です。

アプリでの採点の利用可否に関する詳細

次の2つの方法で採点にアクセスできます。

  • メインメニューから。[採点]をタップして項目をグローバルに表示し、すべてのコースを採点または投稿します。
  • コース概要から。注意が必要な項目を表示するか、[採点]をタップして、1つのコースのすべてのアセスメントを表示します。

採点機能は携帯電話とタブレット両方に対応しています。画面サイズにかかわらず機能は同じです。ただし、画面の領域を最大限に使用するため、インターフェイスは携帯電話やタブレットによってやや異なります。

すべてのコースの成績表

メインメニューの[採点]を選択して、注意が必要な課題が含まれているコースを表示します。個々の課題をタップして、提出物と成績を表示します。該当するコースの採点済みの項目をすべて表示するには、[すべてのアセスメントを表示]をタップします。

[採点]ページには、アセスメントとその期日がコースごとに最大3つ表示されます。採点または送信の準備ができているアセスメントが他にもあるかどうかを確認するには、[すべてのアセスメントを表示]をタップします。

[成績]ページでは、注目しなくてよいコースを非表示にできます。[コースの表示/非表示]アイコンをタップして非表示にするコースを選択してから、[保存]を選択します。アイコンをもう一度タップすると、非表示のコースが表示されます。または、非表示のコースの数を示すリストで、最後にあるカードをタップします。

各コースの採点

コース内では、注意が必要なアセスメントをコース概要ですぐに確認できます。[採点]をタップして、すべてのアセスメントを表示することもできます。

コース概要

コース概要の一番目の情報ブロックは、[要注意]セクションです。このセクションでは、採点または投稿可能な提出物がある課題を表示します。項目をタップすると、採点を開始できます。

採点タスクがない場合は、[要注意]セクションは表示されません。

採点の概要

コース概要で[採点]をタップすると、該当するコースの採点可能項目がすべて表示されます。このビューは、次のセクションに分かれています。

  • 要注意。採点または投稿の準備ができている提出物。
  • 投稿済み。採点および投稿済みの提出物。投稿済みの成績は学生に表示されます。通常、これらの項目は注意を必要としません。
  • 未提出。採点可能項目 (今後予定されている課題など、まだ提出されていないもの)。
  • 匿名採点と委託採点。匿名採点または委託採点を設定した課題はここに表示されます。このセクションに課題がない場合は、アプリには表示されません。

現時点では、タップして採点できるのは課題のみです。掲示板、Wiki、テストなど、その他のアセスメントも表示設定によりリストに記載されていますが、これらをアプリで採点することはできません。これらの提出物を採点するには、Webブラウザでコースにアクセスする必要があります。

提出物を表示

メインメニューまたは各コースの概要から[採点]にアクセスし、課題をタップして提出物を確認します。

提出物のリストはセクションに分類されているため、集中して取り組めるようになっています。

  • 概要。この課題を提出した学生の数と、送信済みの成績についてクラス全体の平均が表示されます。タブレットでは、成績の分布グラフも表示されます。
  • アセスメントの詳細。期限日や答案の数などの情報を提供します。添付ファイルや、採点に使用するルーブリックを表示することもできます。タブレットで、情報アイコンをタップして詳細にアクセスします。
  • 採点準備完了。学生がすでにこの作業を提出しているため、教員は採点を開始できます。
  • 投稿できます。提出物は採点済みで、学生に公開する準備ができています。
  • 投稿済みの成績。これらの成績は学生に公開されます。
  • 未提出。これらの学生はまだ課題を提出していません。

採点を開始するには、[採点準備完了]セクションで提出物をタップしてください。

採点項目

アプリでは、採点は2段階のプロセスで行います。まず、項目を採点してから、成績を投稿して学生に表示します。教員が投稿するまで、学生には成績が表示されません。採点を終えたら、成績をその都度または一度にすべて投稿します。

  1. メインメニューまたは各コースから課題にアクセスします。
  2. 提出物リストで、[採点できます]をタップします。
  3. 学生の提出物を選択します。[採点を開始]をタップして、提出物を連続で採点することもできます。
  4. 学生が提出した内容物と添付ファイルを確認します。
    • 添付ファイル間を移動するには、添付ファイル名の横にあるドロップダウン矢印を使用します。
    • 添付ファイルに描画し、インラインで強調表示して注釈を付けます。テキストボックスで、コメントを入力するか、デバイスのマイクを使用します。
    • 添付ファイルを自分宛にメールで送信するか、別のアプリに共有します。
  5. 課題の手順、ルーブリック、その他の詳細を参照する場合は、情報アイコンをタップします。
  6. フィードバックアイコンをタップしてコメントを追加します。
  7. 成績ピルをタップして、成績を入力します。教員が成績を投稿するまで、学生には成績が表示されないことにご注意ください。

成績またはコメントを追加するたびに、この変更内容がBlackboard Learnおよびお使いのすべてのデバイスに安全に同期されます。

ルーブリック

ルーブリックがアセスメントに関連付けられている場合は、成績ピルをタップすると表示されます。該当するアチーブメントレベルを選択すると、成績が自動で計算されます。ルーブリックを使用した採点全体を無効にするには、成績ピルまたは[手動上書き]をタップします。個々のルーブリックの基準またはアチーブメントレベルの採点を上書きすることはできません。

従来のコースで、複数のルーブリックがアセスメントに関連付けられている場合、[採点に使用]に指定されたルーブリックがアプリで使用されます。Ultraコースでは、アセスメントごとに関連付けられた1つのルーブリックのみ許可されます。

    成績を投稿

    提出物を1つ以上採点したら、提出物リストに戻って成績を投稿し、学生に表示されるようにします。

    1. 必要に応じて、採点ウィンドウを閉じます。戻る矢印をタップして、提出物リストに移動します。
    2. [投稿できます]をタップしてリストを表示します。
    3. [成績を投稿]をタップします。
    4. 投稿しない項目のチェックボックスをオフにします。
    5. [選択した投稿]をタップして、それらの成績を学生に公開します。

    教員が投稿した成績は、[投稿済みの成績]の下に表示されます。

    アプリに成績を投稿したら、Webブラウザのコースにアクセスして、成績とフィードバックを編集する必要があります。

    自動採点された従来のコーステストでは、提出物は自動的に投稿されます。アプリでは、これらの提出物は[投稿済み]セクションでコースの成績の概要に表示されます。

    採点できるもの

    アプリでは、次の採点機能を使用できます。

    • 課題の採点
    • 点数、テキスト、パーセンテージ、文字による採点
    • 関連付けられたルーブリックによる採点

    現時点では、次の採点機能はアプリで使用できません

    • テストの採点**
    • グループ課題の採点**
    • 掲示板、ブログ、Wiki、日誌の採点**
    • 匿名採点と委託採点**
    • 音声と動画のフィードバック :
    • オフラインでの採点

    **アプリでは、ウェブ上でのみ利用可能と指定されています。これらのアセスメントを採点するには、Webブラウザでコースにアクセスする必要があります。

    次の機能強化が今後のリリースで予定されています。

    • Ultraコースの課題の採点*
    • テストの採点*

    アプリでの採点の利用可否

    Blackboard Instructorバージョン2.0の採点機能は、初期リリースで次の条件においてのみ利用できます。

    • 課題のみ
    • 従来のコースのみ
    • Blackboard Learn SaaSまたはBlackboard Learn 9.1 Q2 2018 CU4以降
    • Android 4.2以降またはiOS 9以降を実行するデバイス

    クライアントのBlackboard LearnバージョンがQ2 2018以前である場合、採点機能を有効にするために必要なCUをインストールするため、Q2 2018にアップグレードする必要があります。

    アプリでの採点に関するシステム要件の詳細