Blackboard Instructorでは、同期WebカンファレンスのためのBlackboard Collaborate Ultraを使用できます。音声、動画、チャット、ホワイトボードを使用しながら、バーチャルでクラスをホストし、ファイルを共有することができます。セッションに参加するのにBlackboard Instructor以外のインストールは必要ありません。

Collaborateの元のユーザエクスペリエンスはサポートされていません。

Collaborateは、WindowsのBlackboard Instructorではサポートされていません。アプリのWindowsバージョンは2018年1月にメンテナンスモードに移行し、新機能は追加されなくなりました。

教員はアプリを通してセッションに参加するか、Collaborate UltraのWebビューでセッションに参加することにより、モデレータの全機能を利用できます。参加者がモバイルで参加しているときに、教員とモデレータがCollaborate UltraのWebビューでセッションに参加できます。参加者がさまざまなデバイスでセッションに参加している場合でも、全員が同じスペースで共同作業できます。


コースからのセッション参加

Collaborate Ultraセッションはアプリのコース内に一覧表示されています。コースにアクセスし、[コース教材]の[Collaborate]をタップして、セッションを選択します。

  • [コースルーム]がCollaborate Ultraでのデフォルトセッションです。教員がコースのWebブラウザビューでこのルームを無効にしている場合、アプリでは[ロックされています]と表示されます。
  • 利用可能なセッションをタップして参加します。
  • 現時点で利用できないセッションは、一覧には表示されますがアクセスすることはできません。
  • セッションのオプションをタップして、ゲストリンクをコピーします。セッションの作成など、その他の機能を使用するには、デスクトップWebブラウザでコースにアクセスします。
  • 繰り返しセッションの場合、モバイルアプリには1つのセッションのみ表示されます。Collaborate UltraのWebブラウザでは、繰り返しセッションの各回が表示されます。Collaborateの今後のアップデートで、モバイルアプリもWebブラウザと同様の表示となります。

可能であれば、セッションに早めに参加して、詳細情報を取得してください。


リンクからのセッション参加

コースの登録ユーザでなくてもBlackboard InstructorでCollaborate Ultraセッションに参加できます。セッションへのリンクが提供されていて、アプリをインストールしていれば、準備完了です。

リンクからのセッション参加の詳細


参加者の招待

学生にはBlackboard Instructorでの一覧表示と同様に、BlackboardアプリでCollaborateセッションが表示されます。連絡事項やその他の方法を使用して、今後のセッションを学生に知らせることもできます。


大規模セッション

Collaborateでの大規模セッションでは、250~500人のユーザが参加します。大規模セッションを管理しやすくするため、一部の参加者機能はオフになります。

大規模なCollaborateセッションの詳細

セッションに250人を超える参加者が予想される場合、セッションを開始する前に、Behind the Blackboard のCollaborateサポートチームに、大規模セッションのリクエストを送信する必要があります。


機能

次のタスクを実行できます。

  1. プロフィール画像を変更するには、アバターをタップして、ステータスを一時退席中に設定するか、ヘルプ情報にアクセスしてください。コントロールを使用して、動画や音声の共有、挙手、ユーザ同士でのチャットを行います。ファイルまたはホワイトボードが表示されている場合、動画は左下隅に表示されます。現在の発言者は、右下隅に表示されます。
  2. アイコンバーの矢印をタップして、描画ツールにアクセスします。この矢印は、セッションモデレータがホワイトボードを有効にしているか、ファイルを共有している場合のみ表示されます。鉛筆や図形を選択して、描画を開始します。描画中にピンチで拡大縮小できます。
  3. セッション名の近くにあるメニューをタップして、セッションの参加者を表示、または共有ファイルを選択します。
  4. セッションを退出します。

デバイスが十分に充電されているか、充電器に接続されていることを確認してください。

その他の機能

アクティビティ通知。新しいチャットメッセージ、挙手、セッションへの新規参加者や退出者、記録の開始と停止を確認できます。

マルチタスク。デバイスで別のタスクを実行するためにアプリを退出する場合は、画面上部のステータスバーをタップするだけで戻ることができます。

すべてミュート。Collaborate (Ultraユーザエクスペリエンス) のWebバージョンからすべての参加者をミュートすると、同じくモバイルアプリですべてのマイクがオフになります。

ヒント

Wi-Fiを利用すると、最高の操作環境が得られ、モバイルデータの使用量も削減されます。十分に充電されているか、充電器に接続されていることを確認してください。iOS 9.0およびAndroid 4.4以前のバージョンでは、バッテリーが急速に消耗することがあります。

何かお困りですか?Collaborateで問題が発生したら、Behind the Blackboard (英語のみ) でケースを送信してください。


担当に応じた実行権限

参加者

ゲストリンクでCollaborateにアクセスした場合は、アプリの参加者向け機能のみ使用できます。

CollaborateのWebバージョンのモデレータは、モバイルデバイスの参加者をモデレータまたは発表者に指定できます。

モデレータまたは発表者

モデレータリンクでCollaborateにアクセスすると、アプリの追加のモデレータ機能を使用できます。発表者またはモデレータの権限があるユーザは、セッション名の近くにあるメニューをタップして、以下の追加機能にアクセスできます。

  • コンテンツをアップロードして共有します。
  • 挙手の通知を確認し、挙手をやめさせます。
  • 参加者が共有ファイルで描画できるように、ホワイトボード機能をオンにします。
  • モデレータの場合はセッションを記録します。

Blackboard Instructorでは、発表者とモデレータの使用できる機能は同じです。WebブラウザでCollaborate (Ultraユーザエクスペリエンス) を使用すると、モデレータは追加の機能を利用できます。


ファイルの共有

ユーザに発表者またはモデレータの権限が付与されている場合、そのユーザは残りの参加者にファイルを表示できます。話を進めながら、画像、PowerPoint、またはPDFを表示し、ドキュメントやプレゼンテーションをナビゲートできます。アプリでファイルを共有すると、参加者が共有ファイル上で描画できるように、ホワイトボードが自動的にオンになります。

ユーザに描画権限を付与するには、WebブラウザのCollaborateモデレータは、[セッションの設定]でホワイトボードでの描画を許可する必要があります。

発表者またはモデレータがアップロードしたファイルはすべて、ファイル共有へのアクセス権限を持つその他すべてのユーザがアクセスできます。

  1. フォルダアイコンをタップします。このアイコンは、モデレータまたは発表者の権限を持っている場合にのみ表示されます。
  2. [ファイルを追加]をタップします。
  3. モバイルデバイスまたはコースからファイルを選択します。
    • [自分のデバイスから選択] :iOSでは、ユーザのデバイスにある写真のみを共有できます。Androidでは、GIF、JPEG、PNG、PDF、およびPowerPoint形式のファイルをアップロードできます。
    • コースを選択します。コースに事前に追加したファイルを共有できます。ファイル選択画面には、共有できるアイテムのみが表示されます。たとえば、テストや課題は共有できます。
  4. [共有の停止]により、ファイルは参加者に表示されなくなります。

ゲストとしてセッションに参加したユーザは、自分のデバイスにあるファイルのみを共有できます。コースからファイルを共有することはできません。

[共有ファイル]リストから項目を削除するには、左側にスワイプして[削除]をタップします。


ブレークアウトグループ

CollaborateのWebブラウザビューのセッションモデレータは、参加者をグループに振り分けて、小規模のプロジェクトに取り組ませたり、コラボレーションさせることができます。アプリでは、グループに登録された時、あるいはグループから抜けた時に、その旨が通知されます。

ブレークアウトグループのオーディオ、動画、チャット、共有ファイルを見ることができるのはグループメンバだけです。グループの参加者はいずれもプレゼンタとなるため、全員がホワイトボードやファイル、アプリケーションを他のメンバと共有できます。ブレークアウトグループのやり取りはセッション履歴には取り込まれません。

ブレークアウトグループが終了すると、グループ内で共有されたコンテンツは利用できなくなります。今後の使用のために残しておきたいものがあれば、グループ内で共有されたファイルやホワイトボードをスクリーンキャプチャしてください。


WebブラウザのCollaborateと比較する

次の場合は、アプリではなく、WebブラウザでBlackboard CollaborateのUltraユーザエクスペリエンスを使用できます。

いずれの場合も、機能は同じです。

Blackboard CollaborateのUltraユーザエクスペリエンスのうちアプリで利用できない以下の機能については、Webブラウザを使用してください。


リンクによる参加の詳細

コースに関連付けられているセッションリンクは、BlackboardアプリのBlackboard Instructor内で確認できます。いずれのコースにも登録していない場合でも、モデレータがリンクを提供していればセッションに参加できます。たとえば、Blackboardコースに関与していないモデレータがセッションリンクをメールで送信することがあります。

リンクによるセッションへの参加方法 :

  • Blackboard Instructorを入手します
  • デバイスのモバイルWebブラウザで、セッションモデレータから提供されたリンクを開きます。
  • デバイスの画面上の指示に従います。

リンクによるセッションへの参加手順 :

セッションリンクを開く際に問題が発生した場合、これらの手順に従ってください。

  1. Blackboardアプリをインストールします。まだアプリを入手していない場合は、クイックスタートに移動します。
  2. デバイスのモバイルWebブラウザでセッションリンクを開きます。
    • モデレータリンクを開いた場合、アプリで提供されているモデレータ機能を使用できます。
    • 参加者リンクを開いた場合、アプリの参加者向け機能のみを使用できます。
  3. ブラウザページのアプリのリストからBlackboard Instructorを選択します。
  4. 以下のいずれかの方法でセッションに参加します。
    • Blackboard Instructorにすでにログインしている場合は、自動的にセッションに参加します。
    • まだログインしていない場合は、以下のいずれかを行うことができます。
      • 自分の名前を入力して、ゲストとして参加します。
      • Blackboard Instructorにサインインします。コンピュータからBlackboardのコースにアクセスする際の認証情報と同じものを使用してください。この方法を利用することで、Collaborateセッションで名前が自動入力され、アプリにログインできます。

あなたの学校がBlackboard Instructorアプリの使用を設定していない場合は、常に[ゲストとして参加]をタップします。

リンクを参加者に提供する

Blackboardコースに関連付けられていないモバイルCollaborateセッションに参加者を招待するには、ゲストリンクを電子メールで参加者に送信するか、コースの項目としてゲストリンクを提供します。いずれの場合でも、Collaborateリンクによりアプリが自動的に開きます。参加者は、Blackboard認証情報を使用してログインするか、ゲストとして参加できます。

参加者をモデレータとして招待する場合は、モデレータリンクを提供します。

セッションリンクの取得

以下のいずれかの方法で、セッションリンクを探してください。

Blackboardコース。システム設定によっては、CollaborateをコースのWebビューで使用できます。Collaborateコースツールはアプリでは使用できません。

元のコースビュー

  1. [コースツール]で[Blackboard Collaborate]を選択します。
  2. [コースルーム]の横のメニューを開きます。
  3. [ゲストリンクをコピー]または[設定の編集]を選択して、モデレータリンクをコピーします。

Ultraコースビュー

  1. [詳細 & アクション]で[コースルーム]を選択します。
  2. [コースルーム]の横のメニューを開きます。
  3. [ゲストリンクを取得]または[設定の編集]を選択して、モデレータリンクをコピーします。

管理者。Collaborateを保持する管理者は、セッションリンクを提供できます。

Blackboard Instructorアプリによってセッションへのゲストリンクが提供されます。

Blackboardの外。CollaborateセッションスケジューラのWebサイトにアクセスできる場合、セッションを作成し、モデレータおよびゲストセッションリンクをコピーできます。

Collaborateセッションスケジューラの詳細