Collaborate Ultraなどのバーチャル会議ツールが、教育機関で教員および学生によってどのように使用されているかを確認してください。さまざまな期間で、ミーティングの長さ、出席者、頻度を比較できます。

日付範囲の比較

レポートの上部で、データを比較するための日付範囲を選択します。デフォルトでは、レポートは過去30日間のデータをその前月分と比較します。

[範囲1]は現在または最新の日付範囲です。デフォルトでは、[範囲1]は過去30日を対象とします。[範囲2]は[範囲1]より前の日付範囲です。デフォルトでは、[範囲2]は[範囲1]の1か月前です。

日付範囲を変更する場合、[範囲1]は[範囲2]の日付より後の日付にする必要があることを忘れないでください。たとえば、過去2年の同じ月を比較したい場合、[範囲1]を今年、[範囲2]を前年にします。

正確な比較のために、同じ長さの日付範囲を使用してください。

レポート全体で表示されるデータはすべて範囲1を基準にしています。矢印とダッシュは、データが範囲2からどのように変化したかを示します。

  • 上向き矢印 : 値、または数値が前の日付範囲から増加しています。
  • 下向き矢印 : 値、または数値が前の日付範囲から減少しています。
  • ダッシュ : 2つの日付範囲の間で変化がありません。

折れ線グラフ

折れ線グラフは、範囲1の間に開始されたセッションのパターンを表します。日々の数字を確認するには、折れ線グラフのデータポイントをポイントします。

データはCSVファイルにダウンロードして表形式で表示することができます。