Blackboard Dataは、データと分析に対するBlackboard software as a service (SaaS) アプローチの重要な部分です。Blackboard Dataは、現在使用しているすべてのBlackboard製品のデータが1つにまとめられた、ユーザがアクセス可能な統合データベースです。


Blackboard Dataへのアクセス

Blackboard Dataには、Blackboard Reportingおよびそのレポート層を介してアクセスできます。

これらの層を使用すると、独自のSQLクエリと、使いやすいデータ可視化レポートを介して、内在するデータセットにアクセスして調べることができます。

Blackboard Reportingの詳細


Blackboard DataおよびBlackboard Reportingの現在の利用可能性

Blackboard DataおよびBlackboard Reportingの現在の利用可能性
リージョン*Blackboard Dataの技術的可用性開発者層 – Blackboard Reportingレポート層 – Blackboard Reporting
US-East-1 (米国)YesYesYes**
CA-Central-1 (カナダ)YesYes 
EU-Central-1 (EU-フランクフルト)YesYes 
AP-Southeast-1 (AP-シンガポール)YesYes 
AP-Southeast-2 (AP-シドニー)YesYes 

*重要な注意点 : Blackboard Dataは、Blackboard CollaborateデータがBlackboard Learnと同じリージョンにホストされている場合のみ、データにアクセスできます。詳細については、Blackboard CollaborateのBehind the Blackboardのネットワーク情報ページにアクセスしてください。

**現在、Blackboard Data Insider Programでプレビューとして利用可能です。詳細については、Blackboard Insider Programヘルプページを参照してください。

Blackboard Dataをお持ちでない場合は、Behind the BlackboardでBlackboard Dataへのリクエストを送信してください。


データ辞書

Blackboardのデータ辞書は、テーブルと列の定義を読みやすい形式で表示します。このリソースを使用してレポートを作成します。利用可能なエンティティのソース、使用法、および関係について学習します。

データ辞書の詳細


Blackboard Dataのデータプライバシー情報

Blackboard Dataプラットフォームでの個人情報の使用方法、収集元、ホストされている場所、アクセスできる第三者、その他のデータプライバシー情報について詳しく知りたいですか?

Blackboard Dataのデータプライバシー情報の詳細


Blackboard Dataの用語集

  • :列は、データベーステーブルの列を指します。
  • コンテキスト :コンテキストは、エントリが適用される場所を識別します。たとえば、コース、ユーザセッションなど。
  • カラスの足記法 :テーブルとエントリ間の関係を示す一般的な方法。
  • エントリ :エントリは、テーブルまたは列を読みやすい形式で文書化します。エントリには、読みやすい定義、技術仕様、ERDが含まれます。
  • オブジェクト :オブジェクトはエントリの完全修飾名を示します。これには、スキーマ、テーブル、列が含まれます。説明では、それぞれはドットで区切られています。例: schema.table.column
  • サブモデル :サブモデルは関連するエントリのグループです。たとえば、Collaborationのサブモデルにはattendanceがあります。

データは通常どれくらいの頻度で更新されますか?

ソースに応じて、データは30分ごと~毎晩更新されます。

  • Blackboard Learn環境からのデータは毎晩更新されます。

  • Collaborateデータは、約1時間ごとに更新されます。

  • AllySafeAssignなどのテレメトリーデータは、約30分ごとに更新されます。

この更新時間は変更される可能性があることに注意してください。


Blackboard Dataのナビゲーション

簡単なナビゲーションメニューを使用してBlackboard Data内を移動します。Blackboard Dataの見出しの横にあるアイコンを選択してメニューを開きます。


フィードバックをお送りください

コアデータと分析の課題を解決するのに役立つ新しい機能をリリースする際に、ユーザの皆さんと早期かつ頻繁に意見交換をしたいと考えています。

任意のページで[新着情報]を選択して、新しい機能に関する感想を当社チームに送ってください。ご協力をお願いします。

UXD参加者パネルに参加して、Blackboard Data体験を改善するための調査にご協力ください。