仕組みと要件

ロールベースのアクセスは、Anthology Illuminateレポーティングの機能の1つであり、区分化されたレポートへのアクセスを可能にし、各ユーザが自らのロールに基づいて適切なデータにのみアクセスできるようにします。

現在、Anthology Illuminateレポーティングは、学長、遠隔/オンライン学習の責任者、学部長、学生サクセスリーダーなど、教育機関の上位のリーダーシップを対象としています。ただし、データ情報に基づく意思決定の文化を全面的に支援、促進するために、レポートのコンテンツに関心があるが教育機関全体のデータには一部にしかアクセスできない可能性のあるユーザにも、サポートを拡大したいと考えています。

指導や学習の管理構造全体にレポーティングを幅広く展開することで、各ユーザが自信を持って意思決定を行い、ロール間での委任、フィードバック、コラボレーションを促進し、レポートのデータをエクスポートして配布することなく、データに基づいた会話が可能になります。

ロールベースのアクセスを適切に実装するには、次のことをお勧めします。

  1. Anthology Illuminateに教育機関認証での認証を導入します。教育機関での認証の設定方法の詳細を確認する
  2. 教育機関の階層を設定します。

サポートされているレポート

この表はレポートへの対応を反映するため、レポートのリリースに伴い随時更新されます。

領域レポート状態
学習学生の積極的な取り組み サポート
学習学生のパフォーマンスと成績 サポート
学習ソーシャルとコラボレーションの取り組み サポート
学習学生の概要 サポート
教育指導方法 サポート
教育アセスメントと採点 サポート
教育コースの概要 サポート 
指導学習ツールの採用 サポート 
指導コラボレーションセッションのアクティビティ サポート 
指導学習プラットフォームの導入 対応中 
指導コース管理 サポート

 


Blackboard Learnでのロールベースのアクセスの設定 (古い方法)

これらの手順に従うことで、Blackboard LearnをIDプロバイダとして使用する管理者は、レポートにログインして関連付けられているノードからのみデータにアクセスする権限を、ユーザに付与できます。

1) レポートが制限付きユーザをサポートするようにすでに設定されていることを確認します。(上記のサポートされているレポートの表を確認してください) 

2) 既存のユーザに[データ – 制限付き]ロールを追加します。

[データ – 制限付き]ロールをユーザに付与するには、Anthology Illuminateにログインし、以下の手順に従ってください。 

  • 左側のパネルで、[設定]に移動します。 

    この時点で、教育機関の階層 (IH) とコースをあらかじめ設定しておくことをお勧めします。IHの設定方法をご覧ください

  • [ライセンス管理]タブを選択し、ユーザリストを見つけます。 
  • 変更するユーザの[アクション]列にある鉛筆アイコンをクリックします。 
The image indicates that: 1) the 'Settings' option is selected and highlighted, 2) the 'License Management' tab is selected and highlighted, and 3) the pencil icon is selected and highlighted.
  • [ユーザの編集]ページで、[レポートの権限]セクションに移動し、ドロップダウンメニューから[データ – 制限付き]オプションを選択します。次に、[追加]をクリックします 
The image shows that the 'Data - Restricted' option is selected from the roles dropdown menu, and the 'Add' button is selected and highlighted.

3) ユーザアクセスレベルを設定します。 

教育機関の階層内でユーザのアクセスレベルを設定するには、管理認証資格を使用してBlackboard Learnにログインし、以下の手順に従います。 

  • ベースナビゲーションで、[管理]パネルに移動します。 
The image shows the Learn Ultra platform opened with the 'Admin' option selected and highlighted.
  • [コミュニティ]セクションに移動し、[教育機関の階層]を選択します。これにより、階層レベルを管理および設定できます。
The image shows the 'Admin' panel opened with the 'Communities' section highlighted and the 'Institutional Hierarchy' option selected.
  • 教育機関の階層内を移動し、ユーザにアクセス権を付与するノードおよび子ノードを選択します。

    アクセス権を設定するときは、各ユーザに割り当てるレベルを慎重に選択することが重要です。ユーザは、割り当てられたレベルとその下のレベルの情報を表示できますが、同じ階層以上のレベルの情報を表示することはできないことに注意してください。 

    次の例を考えてみましょう。 

    • 教育機関レベル1 - A 
      • 教育機関レベル2 - B 
        • 教育機関レベル3 - C 
          • 教育機関レベル4 - D 
          • 教育機関レベル 4 - E 

    この構造では、ユーザ1に教育機関レベル3 - Cへのアクセス権を付与すると、ユーザは教育機関レベル4 - Dと教育機関レベル4 - Eの両方のデータにもアクセスできるようになります。これは、レベル4 - Dと4 - Eがレベル3 - Cの下にネストされ、アクセス権限が下位レベルにまで及ぶためです。  

    ただし、ユーザ2に教育機関レベル4 - Dへのアクセス権のみを付与した場合、ユーザは教育機関レベル4 - Eのデータにアクセスできません。レベル4 - Dでのアクセスはそのレベルのみに制限され、同じレベル以上の他のノードは含まれません。 

  • 目的のノードを選択したら、管理者タブに移動して、[管理者を追加]を選択します。 
The image shows 1) the Institutional Hierarchy nodes list highlighted, 2) the 'Administrators' tab selected and highlighted, and 3) the 'Add Administrator' option selected and highlighted.
  • [管理者を追加]ダイアログボックスで、次の操作を行います。
    • 管理者として追加するユーザ名がわかっている場合は、ユーザ名のフィールドに入力します。
    • それ以外の場合は、[参照]ボタンを選択し、[名前]、[Eメールアドレス]、[システムロール]などのフィールドで検索します。関連する結果をすべて選択し 、[送信]をクリックします。
  • [ロール]セクションで、ノードで使用する管理者のシステムロールを選択します。 

    特定のロールは、Anthology Illuminateの区分化されたレポートには関連しませんが、Blackboard Learnのノード内でのユーザの権限に影響を与えます。 

  • [送信]を選択します。

    ルールが適用されるまで一晩待ちます。 

The image shows 1) the 'Username' field filled and highlighted, 2) the 'Roles' section filled and highlighted, and 3) the 'Submit' option selected and highlighted.

関連付けはノード管理者の関連付けを変更することでいつでも変更できます。または、ユーザの教育機関での認証のロール/グループを削除するか、シングルサインオンアカウントを無効にすることで、アクセスを完全に取り消すこともできます。


Anthology Illuminateでのロールベースのアクセスの設定 (新しい方法)

これらの手順に従うことで、SAMLによる教育機関での認証をIDプロバイダとして使用する管理者は、レポートにログインして関連付けられているノードからのみデータにアクセスする権限を、ユーザに付与できます。

1) レポートが制限付きユーザをサポートするようにすでに設定されていることを確認します。(上記のサポートされているレポートの表を確認してください) 

2) 既存のユーザに[データ – 制限付き]ロールを追加します。

  • 左側のパネルで、[設定]に移動します。 

    この時点で、教育機関の階層 (IH) とコースをあらかじめ設定しておくことをお勧めします。IHの設定方法をご覧ください

  • [ライセンス管理]タブを選択し、ユーザリストを見つけます。 
  • 変更するユーザの[アクション]列にある鉛筆アイコンをクリックします。 
The image indicates that: 1) the 'Settings' option is selected and highlighted, 2) the 'License Management' tab is selected and highlighted, and 3) the pencil icon is selected and highlighted.
  • [ユーザの編集]ページで、[レポートの権限]セクションに移動し、ドロップダウンメニューから[データ – 制限付き]オプションを選択します。次に、[追加]をクリックします 
The image shows that the 'Data - Restricted' option is selected from the roles dropdown menu, and the 'Add' button is selected and highlighted.

3) ユーザアクセスレベルを設定します 

教育機関の階層内のユーザのアクセスレベルを設定するには、以下の手順に従います。 

  • 前の手順で開いたのと同じ[ユーザの編集]ページで、[教育機関の階層]セクションまで下にスクロールし、アクセス権を付与する教育機関レベルに対応するノードを選択します。 各ノードを展開すると、その子ノードを表示できます。 
  • [変更の保存]ボタンをクリックして、付与されたすべての権限を保存します。 

    ルールが適用されるまで一晩待ちます。 

The image shows the nodes of the Institutional Hierarchy selected and highlighted, and the ' Save Changes' button selected and highlighted.

ロールベースのアクセスが適用されると、アクセスが制限されているため、最初はレポートがフィルタ処理されず、データなしで表示されます。ユーザは、関連する階層レベルを選択して、アクセス権に基づいてレポートに情報を入力する必要があります。 


レポートの権限を追加または削除する

ユーザのロールに基づいて、レポートの権限を追加または削除できます。各ロールは、レポートに対する特定のアクセスレベルを提供します。

  • アクセスタイプ : 
    • レポートエリア - リーディング : リーディング領域内のすべてのレポート
    • レポートエリア - ラーニング :ラーニングエリア内のすべてのレポート
    • レポートエリア - ティーチング :ティーチングエリア内のすべてのレポート
    • レポートエリア - すべて :すべてのレポートへのアクセス
       
  • データ ‐ 制限付き : ロールベースのアクセスが有効なレポートでは、ユーザに対して選択された階層ノードのみが表示されます。または
  • データ - 制限なし : ユーザが利用可能なすべてのレポートのすべてのデータにアクセスします。

レポートエリアのアクセスの種類と、データ制限付きアクセスまたはデータ制限なしアクセスを組み合わせて、よりパーソナライズされたエクスペリエンスを作成できます。

 

レポートの権限を管理するには、次の手順を実行します。

  • 左側のパネルで、[設定]に移動します。 
  • [ライセンス管理]タブを選択し、ユーザリストを見つけます。
  • 変更するユーザの横にある鉛筆アイコンをクリックします。
The image indicates that: 1) the 'Settings' option is selected and highlighted, 2) the 'License Management' tab is selected and highlighted, and 3) the pencil icon is selected and highlighted.
  • レポートの権限を割り当てるには、[レポートの権限]セクションに移動し、ロールを1つ以上選択して、[追加]をクリックします。
The image shows the dropdown menu from the 'Report permissions' section highlighted, and the 'Add' button is selected and highlighted.